サラリーマンがとりあえず複業をやってみた

知識も資産もほとんどないサラリーマンが色々な複業に手を出していく記録。あとお得情報や雑記。

【超初心者向け】SEOにおけるリンクの基礎知識

SEO検索エンジン最適化)の基礎知識をまとめてリンクが重要であることがわかりました。

今回は「リンク」について理解を深めていきます。

 

(前回記事)

fukugyo-michio.com

 

 

f:id:michio_diary:20201019231145j:plain

 

 

リンクの種類

「リンク」といってもいくつかの種類があります。

ここではSEO対策を行う上で知っておくべきリンクについてまとめています。

 

外部リンク

外部リンクとは外部のサイトに貼られた自分のサイトのリンクのことです。

被リンクと呼ばれることもあります。

前回Googleの検索でリンクを基準にしていると記載しましたが、

外部リンク(被リンク)を基準に重要なコンテンツであると判断しています。

 

また、リンクが貼られているページを重要なコンテンツと判断していますが、

ウェブマスター向けガイドライン - Search Console ヘルプ

の品質に関するガイドライン、具体的なガイドラインに使用しないようにする手法が記載されていますので

ただいたずらに外部リンク(被リンク)を増やすのではなく、

具体的なガイドラインに記載されているような手法を用いないことが重要です。

 

内部リンク

内部リンクとは文字通り、同一サイトの中で貼られているリンクのことです。

複業道男が本記事の上部に(前回記事)とリンクを貼っていますが、

まさにこれが内部リンクです。

 

複業道男の記事同士でリンクを貼る場合は内部リンクということがわかりましたが、

複業道男のプロフィールやサイドバーに貼ってあるリンクはどうでしょうか。

これも、内部リンクです。

 

内部リンクを貼ることでブログを見に来てくれた方が関連する記事を探しやすくなり、

ユーザビリティが向上する効果があります。

ユーザビリティが向上することで他の関連する記事を見てもらえる機会も増え、

結果として回遊率が高くなる効果も期待できます。(※)

※一概に「回遊率が高い=よいサイト」ということではありません。

 もしかすると知りたいことにたどり着けずに回遊してしまっている可能性もあります。

 

また、クローラーが回遊する際にリンクを通って記事同士を回遊していくことになるので

サイト内のページをしっかりとクロールしてもらえる効果もあります。

 

外部リンクと内部リンクの範囲

外部リンクと内部リンクの境界線はどこにあるのでしょうか。

 

例えば、複業道男と同じようにはてなブログでブログを書いている「Aさんのブログ」に

複業道男のブログのリンクが貼っていたらどうでしょうか。

これは、外部リンクです。

 

つまり内部リンクの範囲は「自分のサイト内は内部」、「自分のサイト外は外部」と理解しておきましょう!

 

 

リンクの確認方法

リンクの重要性はわかりましたが、ではそのリンクを確認する方法はあるのでしょうか。

結論から言うと、確認することはできます。

 

無料ツールや有料ツール等さまざまな確認方法がありますが、

ここでは基本的な確認方法を紹介します。

 

Googleサーチコンソール

Googleサーチコンソールを開いて、「リンク」を押すことで

「外部リンク」「内部リンク」ともに確認することができます。

まずはGoogleサーチコンソールで自分のサイトがどこにリンクされているかを把握しましょう!

 

ウェブマスター向けガイドライン - Search Console ヘルプ

の品質に関するガイドライン、具体的なガイドラインに該当していないかを

定期的に確認をして、ガイドラインに違反しないようにしましょう!

 

 

まとめ

今回の記事ではリンクについてをまとめました。

リンクをただやみくもに貼るのではなく、

ユーザビリティーを意識してリンクを貼る

クローラーが回遊しやすいようにリンクを貼る

ガイドラインに違反しないようにリンクを貼る

ということを意識してリンクを貼ることが、Google検索で上位に表示される第1歩です。

 

ということで今後、「クローラー」や「リンク設置方法のテクニック」をまとめていきます。

  

  

にほんブログ村のランキングに参加していますので

是非サイドバーの「このブログに投票」をポチっと応援お願いします!