サラリーマンがとりあえず複業をやってみた

知識も資産もほとんどないサラリーマンが色々な複業に手を出していく記録。あとお得情報や雑記。

【超初心者向け】ローソク足の基礎知識

f:id:michio_diary:20201014231727j:plain


1番最初に言っておきます。

今から書く記事は超初心者向けです。

なぜなら、何も理解していない複業道男がまさに書きながら

調べながら勉強をして記録していくからです。

ローソク足とは何かをそれなりにでも知っている方は読み飛ばしてください!

超初心者の自負がある方は複業道男と一緒に勉強しましょう!

きっと超初心者向きの超優しいローソク足についての説明になりますよ!

 

そして超初心者向けなのでたくさんの情報はお伝えしません。

複業道男自信もそうですが、超初心者が1回に吸収できる情報には限りがあります。

少しずつ、でも着実に一緒に勉強していきましょう!

 

では早速、ローソク足についてです。どうぞ!

 

 

 

 

ローソク足とは?

まずローソク足の説明に入る前に超初心者のあなたにローソク足の読み方をお教えしましょう!

ローソク足(あし)です。

ローソク足(そく)ではありません。ローソク足(あし)なのです。

 

今、そんなことは知ってるよ!!!と思ったあなた。

この記事を書き始めた複業道男よりは少なくとも詳しいですね。。

 

では読み方を知ったところで、ローソク足とは何かを説明します。

ローソク足とは一定期間の値動きを表現したもので、

形がローソクに似ていることからローソク足と呼ばれています。

 

ちなみにローソク足は江戸時代に日本で考案されたらしいですよ。

 

f:id:michio_diary:20201015095523p:plain

出典:楽天証券

ローソク足の種類は?

次にローソク足の種類をお伝えします。

(種類というとサイトによって数が違いますがここでは超初心者向けに段階を分けて説明します。)

まず大きく分けて2つ、

陽線(ようせん)

陰線(いんせん)

です。

 

サイトによって色の表示は違いますが、一般的には

陽線は白か赤、陰線は黒か青で表示されます。(上の図で確認してみましょう!)

 

その陽線と陰線を形作るために必要となる指標が、

始値(はじめね):一定期間の最初の売買の株価

終値(おわりね):一定期間の最後の売買の株価

高値(たかね) :一定期間の一番高い株価

安値(やすね) :一定期間の一番安い株価

です。

この辺りは聞いたことがある方が多いのではないでしょうか。

 

この4つを四本値(よんほんね)と言い、ローソク足を見るうえで

まずは覚えておく必要があります。

 

また始値終値で四角形が作られます。

この四角形を(はしら)といいます。

 

ローソク足を見てみる

ではローソク足の種類(陽線、陰線)と指標(始値終値、高値、安値)が理解できたところで

実際にローソク足の形を見てみましょう!

 

ここではローソク足の画像を載せずに説明します。

頭で形をイメージしながらイメージできたら実際にチャートを見て確認してみましょう!

 

一定期間の始値より終値が高い場合の柱は、陽線(白か赤)で表されます。

一定期間の始値より終値が低い場合の柱は、陰線(黒か青)で表されます。

 

色のついた柱がイメージできましたか?

ここで勘が鋭い方は気づいたかもしれませんね。

 

「柱から上下(または一方)に線が出てる時があるけど、あれは何???」

 

そうです、それは「ヒゲ」です。

高値と安値の間に始値終値があると上下にできます。

上にできたヒゲが上ヒゲ(うわひげ)、下に伸びたヒゲが下ヒゲ(したひげ)です。

高値と安値の差が大きければ大きいほど柱、上ヒゲや下ヒゲの長さが長くなります。

 

始値が〇〇円で、終値が●●円で、高値が△△円で、安値が▲▲円で

といくつかのパターンを考えてローソク足を想像してみてください。

 

色んな形ができますね。

まずはローソク足に慣れていきましょう!

 

まとめ

ローソク足の構成を説明しました。

これでローソク足の基礎はバッチリです。

まずはローソク足がどういった値の時にどういった形になるのかを

イメージできるようになりましょう!

次は様々な形のローソク足のサインやシグナル、トレンドについて

勉強して記録しようと思いますので乞うご期待!!!

 

 

 

にほんブログ村のランキングに参加していますので

是非サイドバーの「このブログに投票」をポチっと応援お願いします!